人気のあるクレジットカードのポイント還元率を比較検討してみる

人気のあるクレジットカードのポイント還元率を比較検討してみる

クレジットカードを選択する時の指標として、
ポイント還元率を比較検討する事は重要です。

人気あるクレジットカードのサービスを比較しながら、
最後の決め手はポイント還元率の高い業者という選び方をする方は多いです。

人気のカードは沢山ありますが、
この還元率に着目した時に注意したい点がいくつかあり、
有利に使う為にも押さえておきたい点を整理すると良いでしょう。

還元率が高いとカード利用に応じてポイントが沢山貯まります。

業者のサービス商品と交換したりと有利な点がありますが、
還元率の高さだけに着目すると、
後々思っていたものとは違ったという事にもなります。

ここで注意したい事は還元率が高くても
カード維持費がかかるものもあります。

年会費等が高いとポイント還元があったとしても
不利に働く場合もありますから注意が必要です。

また他にも還元率が高いものの、年間に一定額を利用しなければ
高還元率での適用がされないというルール等もありますから、
カードのサービスや還元率適用の条件を比較しながら選択する事が必要です。

大手銀行のクレジットカードの場合は還元率が低い事も多いです。

0.5%程度の所がありますが社会的信用が高くて付帯サービスとして
海外旅行時の保険が充実していたりと還元率だけでは測れない特典があります。

還元されたポイントには期間が来れば消えてしまうタイプもあれば、
半永久的に蓄積出来るものもあります。

こうしたルール設定も重要な要素になりますし、
一定のポイントからでは無いと使えない場合とか、
様々な縛り設定があります。

そういう意味でも使いやすくて還元率も高い
人気のクレジットカードの一つに楽天カードがあります。

これはどこで利用しても1.0%の還元率という設定であり、
年会費無料で加入時には大きなポイントをプレゼントしてくれたり、
ポイントは1円単位で利用出来て半永久的に使う事が出来ます。

さらに指定店舗で使えば2倍、3倍、条件によっては、
数十倍と還元率があるような特典もあり、非常に使いやすい事からも
多くの方が利用しているクレジットカードです。

通常還元率が2.5倍を超えるようなカードもありますが、
そういう大きな還元率のカードは年間数十万以上使う必要があるとか、
初年度だけであるというような縛り設定があります。

ポイント発生の条件や還元率適用条件、維持費、
使用時の制約等を総合的に判断した上でカードを選択して利用すると、
有利に使える還元率の良いカードを選ぶ事が出来ます。